vol.6

片山小・片山中・呉三津田高
脚本家、映画監督
池端俊策さん

1984年、テレビドラマ脚本『私を深く埋めて』(TBS)、『羽田浦地図』(NHK)、『危険な年ごろ』(読売テレビ)の三作品で向田邦子賞、芸術選奨新人賞を受賞し脚光を浴びる。2009年秋には紫綬褒章を受章した。映画『復讐するは我にあり』『楢山節考』以来の仲である緒形拳の出演作を、『羽田浦地図』『百年の男』『帽子』(以上、NHK)など多数執筆。初監督映画『あつもの』でも、緒形が主演している。2009年2月に、2008年に死去した緒形を追悼するドキュメンタリー番組『俳優?脚本家・池端俊策が見つめた緒形拳?』(NHK)が放送された。
故郷呉を舞台にした脚本は、『約束の旅』、『幸福の条件』、『帽子』(NHK)、『並木家の人々』(フジテレビ)などがある。