宮迫千鶴デザイン展

bar1.gif

急逝した宮迫千鶴さんの表紙絵です
約13年にわたってくれえばんの表紙絵を描き続けて来た宮迫千鶴さん。その優しさに溢れ、
心温まる絵を毎月楽しみに待つ読者の方もたくさんいました。
そこでこれまでくれえばんで紹介した宮迫千鶴さんの作品の数々を、毎回少しずつ紹介していきます。

宮迫千鶴プロフィール
   
miyasako_pro1.jpg

1947年、広島県呉市に生まれる。広島県立女子大学文学部卒業。
画家、評論家、エッセイスト。20代から独学で絵画制作を始める。
1975年頃から美術、写真評論、女性論や家族論など女性の視点から
文化論を展開。
1978年、『海,オブジェ、反機能』を(深夜叢書)から刊行。
以下、『イエロー感覚』(冬樹社)『女性原理と写真』(国文社)『ママハハ物語』(思潮社)『草と風の癒し』(青土社)『海と森の言葉』(岩波書店)など多数。
1988年、東京から伊豆高原に転居。
自然や暮らし、心、身体、霊性の不思議に注目し、多くのエッセイを発表している。
絵画は自然をテーマにした視覚の喜びを歓喜する明るい色調の豊かな作品で海外でも高く評価されている。画文集『緑の午後』(東京書籍)がドイツのライプチヒ市で開かれている『世界でもっとも美しい本』展で銀賞受賞。
1993年、第1回伊豆高原アートフェスティバルを企画開催。15回まで続ける。
2005年4月、練馬区立美術館において『田島征三、谷川晃一、宮迫千鶴三人展』。
同年7月、国際芸術センター青森において谷川晃一と二人展』開催。
2008年3月、悪性リンパ腫で伊豆長岡の順天堂病院に入院、手術。
6月川越市の帯津三敬病院に入院、6月19日死去。

   
窓辺の夏
     
miyasako_1008_1.jpg
猫の一日
miyasako_1008_2.jpg
ビーチサイド・バー
miyasako_1008_3.jpg
子どもの庭
     
miyasako_1008_4.jpg
西海岸の夏
miyasako_1008_5.jpg
夏のティータイム
miyasako_1008_6.jpg
海辺の一日
     
作品例

miyasako_sakuhin1.jpgmiyasako_sakuhin2.jpg

色彩豊かな宮迫千鶴さんの作品は、マッチ、スカーフ、Tシャツ、四季のイラストもご用意できるのでカレンダーなどの商品としての使用も可能です。

イラストの依頼について

まずはメールにてお気軽にお問い合わせください。
●『サイズ』『使用目的』『ご予算』など、可能な範囲で結構ですので、記載してください。
●プレゼン用のカンプデータが必要な方はご相談ください。
●掲載しているイラスト以外にも多数ありますので、他の作品もご覧になりたい方はお問い合わせください。


   
くれえばん © 2011 KUREEBAN Corporation All rights reserved.