新呉うまいもん

bar1.gif

 
   BAR両歓
      
uma_2010_04_ryoukan2.jpg
  カクテルバーの名店で味わう
オリジナルカクテルBAR両歓の
「Wedding Bouquet」

「Wedding Bouquet」は、知人の結婚式で振る舞おうと考案したもので、フレーバードウォッカをベースにし、2人の関係を表現しようとフルーツリキュールやシ ロップを使うことで甘い飲み口に。さらにローズリキュールの華やかな香りが飲み終えるまで続くまさに幸せを感じさせる一杯だ。またデコレーションにもこだ わり、グレープフルーツの薄皮を使って白いバラを作り、可愛らしいブーケを表現した。

■広島県呉市広本町1-2-7  TEL:0823- 71-6009
続きは2010年4月号へ

     
 
   dining cafe repos
      
uma_2010_04_rupo2.jpg
  数量限定のワンプレートランチをはじめ
次々とオーダーが入っていく人気店、
reposの「洋食」

シェフ歴40年というヘッドシェフの松下秀記さんはフォーシーズンズホテルが北米に開業した際にオープニングスタッフも 務め、NYのイタリアンレストランでの修業や欧州各国への食べ歩きを重ね、その腕を磨いてきた。「たとえ日本人の口には馴染まないものでも、仕方がないと 全てを妥協するんじゃなくて、少しでも私が知り得た料理をご紹介できる窓口たりえればと考えています」とはいえ、堅苦しさなど感じないのがこの店の魅力 だ。

■広島県呉市広中町4-29 広ステーションホテル1F
TEL:0823- 71-2233
続きは2010年4月号へ

     
 
   お好み焼き・鉄板焼き ルル
      
uma_2010_04_ruru2.jpg
  広で1番古い関西風お好み焼き屋
ルルの焼き加減が絶妙なふっくらとした
「ミックス焼き」

昭和46年、“サクラ製パン所”を営む傍ら、工場の一角で開店。当時は関西風の店はごく少数で、旨い店は限られていた時 代。だからこそ“小麦粉を熟知した者にしか出せない生地”を目指し、お好み焼きには珍しい中力粉を使うことで粉臭さを消し、さらにカツオと昆布をベースに 一手間加えたダシで溶くことで味に深みを出した。さらに市販のソースに、香辛料などを独自で配合したコクのあるソースは、創業当時から変わらぬ味だ。

■広島県呉市広本町1-1-16 TEL:0823-73-1215
続きは2010年4月号へ

     

   
くれえばん © 2011 KUREEBAN Corporation All rights reserved.