新呉うまいもん

bar1.gif

本当にうまいもんだけを集めました
今から35年前の昭和49年4月、毎日新聞呉支局が発行したのが『呉うまいもん』。呉支局長だった畠中茂男さんが中心になり、毎日新聞呉安芸版に連載された記事をまとめたガイドブックです。掲載された店は60店。現在も続いている店は30店、約半分は廃業されている。35 年で約半分の店がなくなったことになります。
時代は変われど、先代の味を守り続ける店は街にとっても貴重で、大事にしないといけない有難い存在だと、つくづく思う。本誌では、この『呉うまいもん』の志を継いで「新呉うまいもん」の連載を始め、食の現場を記事にして、街の食意識を高めたいと思っています。
uma_1.jpg
         
         
2010年 2009年
     
uma_2010_09_fuku.jpg
    2010年9月号
  yajirusi1.gif 福住フライケーキ
程良い甘さのこしあんをサクサクッとした
ドーナツ生地で包んだ呉名物「フライケーキ」
     
uma_2010_09_toyo.jpg
    2010年9月号
  yajirusi1.gif 中華飯店 東陽軒
冬場ともなればほとんどの客が注文。他に類を
見ないオリジナリティ溢れる「名物ちゃんぽん」
     
uma_2010_07_kei.jpg
    2010年7月号
  yajirusi1.gif Kei
創業以来、愛されてきたメニューの数々は店主の
山本紘一郎さんが船乗りだった時代に出会った異国の味
     
uma_2010_07_okina.jpg
    2010年7月号
  yajirusi1.gif 旨物処 翁
看板のうなぎは年中味わえ、土用の丑の日は
もちろん、脂がのった冬を狙って来るツウも
     
uma_2010_04_bar.jpg
    2010年4月号
  yajirusi1.gif BAR両歓
カクテルバーの名店で味わうオリジナルカクテル
BAR両歓の「Wedding Bouquet」
     
uma_2010_04_repos.jpg
    2010年4月号
  yajirusi1.gif dining cafe repos
数量限定のワンプレートランチをはじめ次々と
オーダーが入っていく人気店、reposの「洋食」
     
uma_2010_04_ruru.jpg
    2010年4月号
 

yajirusi1.gif お好み焼き・鉄板焼き ルル
看板のうなぎは年中味わえ、土用の丑の日は
もちろん、脂がのった冬を狙って来るツウも

     
uma_2010_03_ondo.jpg
    2010年3月号
  yajirusi1.gif 日本料理 音戸
旬の食材が籠の中に彩り良く飾られた
阪急ホテル 音戸の「花かご御前」
     
uma_2010_03_e-deru.jpg
    2010年3月号
  yajirusi1.gif エーデルワイス洋菓子店
見た目も味もとことんシンプルのロングセラー、
エーデルワイスの「クリームパイ」
     
uma_2010_03_kuu.jpg
    2010年3月号
  yajirusi1.gif 串揚げ倶楽部 空
何本でも食べられ、良き酒の肴となるよう
どれもサックリ軽い味が特徴の空の「串揚げ」
     
uma_2010_02_taiso.jpg
    2010年2月号
  yajirusi1.gif とんかつ屋 太宗
餌に米を与えて育てるという讃岐米豚を使った
とんかつ屋 太宗の「米豚ロースカツ定食」
     
uma_2010_02_iseya.jpg
    2010年2月号
  yajirusi1.gif 田舎洋食 いせ屋
柔らかなカツとデミグラスソースがマッチした
呉で最も古い洋食屋、いせ屋の「特製カツ丼」
     

   
くれえばん © 2011 KUREEBAN Corporation All rights reserved.